バイク保険の証券ありますか?

0

    皆さま、こんにちは

     

    いつもはスマートフォンからフェイスブックに記事を書いております

    事務の盒兇任后https://www.facebook.com/Motorrad-Central-%E4%B8%96%E7%94%B0%E8%B0%B7-331907400899358/?modal=admin_todo_tour

    携帯電話の電池が切れそうなので今日は初めてこちらに書きます。

     

    じっくり読んでいただけそうな場所ということで

    今回は知っているようで知らない保険のお話です。

     

    というのも、支店長の二瓶が自分の自動車の任意保険について

    「対人、対物、搭乗者?」というフレーズを使ったことに

    ムムム?ときたからです。

     

    今はドライバーご自身の補償については搭乗者保険ではなく

    人身傷害補償保険が主流なのです。

     

    搭乗者傷害保険があらかじめ定めた金額のお支払いに対して

    人身傷害補償保険は実際にかかった損害額(治療費や休業損害)が

    支払われます。

    また人身事故にあわれた場合、お相手とご自身の双方に過失が

    発生するケースにおいて、治療費はお相手の過失分だけでは

    100%補えません。ご自身の過失の割合の部分を補償する保険が

    この人身傷害補償保険です。

     

    車とオートバイの事故でも今はエンジンを切った完全駐停車状態でも

    なければ10:0はありません。全額お相手に補償してもらえるとは

    限らないのが現状です。様々なケースが存在しますし、法律の改正などに伴い

    保険の内容も毎年色々見直され、変更になっている部分もあります。

     

    皆さまの中にも、ずっと同じ内容で見直さないまま

    等級が上がるのだけを数えて継続している保険はありませんか?

     

    年末年始でちょっとお時間がある時に、ご自身がどんな保険に

    加入されているか、一度証券を見直してみてはいかがでしょうか?

    証券を引っ張り出したついでに裏表をコピーしてお持ちください。

    現状に寄り添った内容かどうか、スタッフと一緒に確認いたしましょう。

     

    Central世田谷店では損保ジャパンのバイク(自動車)保険を取り扱っております。

    上戸彩さんのCMでもお馴染みの信頼のおける大きな保険会社です。

     

    あれ?証券どこに仕舞ったっけ?なんて人は大掃除でぜひ探してくださいね!

     

                 世田谷店のお節介お母さん、事務の盒兇任靴